ファミリーサポート登録会

  • 2013.01.16 Wednesday
  • 23:47
久しぶりの午前中からのひとり外出。相変わらず、お腹の皮膚は引っ張られた感じで、足の屈伸運動をしているからか、じんわりと延ばされて痛いし、ゆっくりお腹を支えながらしか歩けません。でも今日はお天気もいいし外出は気分転換になります。

先日友人に教えてもらったファミリーサポートセンターの登録説明会に行ってきました。ファミリーサポート事業は会員同士の相互援助活動であり、有償ボランティア活動です。子育て中の人が仕事や用事などで子供の世話ができないときに、一時的に地域の人が応援する事業。依頼会員(おねがいさん)として登録すれば、登録した提供会員(おまかせさん)を紹介してもらい、事前打ち合わせ後、実際に活動を依頼できます。
まだ出産前で、実際に使うことになるのかは分かりませんが、両方の実家が近所でなく、夫も毎晩帰りが遅いし、地元に頼れる身近な人がいない私としては、気持ち的にも安心な仕組みです。仕事に復帰したときに仕事の打ち合わせやセミナーとかで遅くなったり、逆に早く行かなきゃいけない時に保育園の送り迎えと預かりをお願いすることができます。

全国でこういった仕組みがあるようです。以前にうちの母親が同じようなことをやっていました。こういった地域で子育て支援していく仕組みは素敵なことだと思います。そして、子育てが一段落したら(そのときはだいぶおばあちゃんですね)、私自身も地域の応援ができるようになれればそれがいい連鎖になりますよね〜

京都市ファミリーサポートセンター
http://www.kyo-yancha.ne.jp/famisapo/

説明会が終わってから、残り少ないひとり時間ランチは「押小路さらさ」でパンケーキランチと思ってたんだけど、テーブルが空いていなくて、ちょっと歩いて麩屋町の別の「さらさ」へ。最近一番使えるカフェは「さらさ」オンリー。ボリュームがあって居心地も〇です。

豚肉の生姜焼きプレート。ドリンク付きで900円。フレッシュなレタスや生姜焼きと一緒に炒めたお野菜がたっぷり味わえるランチでした。
コメント
最近は核家族ばかりで、祖父母も高齢だったり頼れないことが多いから、こういった仕組みはいいなと思います。もっと言えば、これが本当に地域社会で当たり前に近所のおばちゃん、おじちゃんに気兼ねなくできるなんてことができればいいんだろうけど、そこまでの近所づきあいってないから、やっぱりこういった仕組みづくりが必要なんだと思います。

さらさ、お店によってコンセプト違うし、メニューも違ってて使いやすいカフェです。料理に繊細さはないけど雰囲気と値段も合わせればかなりいい。京都に来る機会があればぜひ使ってみてね。
  • じゅんじゅん
  • 2013/01/17 10:45 PM
そういう仕組みがあるなんて知らなかったわ。奈良もあるのかしら?いつか子供が出来たら調べてみる(^-^)
サラサ良いね!一緒に行ったのが懐かしい~京都は素敵カフェが多いね♪
  • わかこ
  • 2013/01/17 9:13 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

J-Net21で情報収集

村落開発普及員の次は・・・

寄稿記事など Fanya kazi pamoja 日本式を世界に発信 活動関連記事 BUY KENYA

ママ歴・・・

ちょっと小さ目だったけど今は・・・

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM