妊娠39週3日 プチリフォーム

  • 2017.08.21 Monday
  • 16:34

夜中は相変わらず眠れません。2時間くらいで目を覚ましてしまいます。

 

【体調】
お腹が張ったり、膀胱を押されるような胎動で、何とも言えな(い「キッー」「チク―ッ」って感じの痛みが走ったり。むにゅっとした胎動は相変わらず力強く、脇腹に出てきたりしていたたたってなります。前駆陣痛?陣痛が始まりやすい時間帯は統計的に夜中のようなので、毎晩ドキドキしつつ、今陣痛始まったらどうしよう〜まもなくかなあと落ち着かず、眠れず。


そして、夫と息子を送り出してから、更に横になってしまってウトウトしてしまうというダラダラっぷりです。
読もうと思っていた本や、観ておこうとおもたDVDも一切手を付けれず、午前中寝てしまって、掃除などの家事や出産関係のネットサーフィンで何だかあっという間に夕方になってしまっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、出産前に平日家にいることが多くなるので是非やっておきたかったことのひとつが照明リフォーム。


2014年の4月に引っ越してきたから3年以上、入居前に押入れをクローゼットに変えたり、壁面本棚を作っただけでそれ以外はあまり手を入れていませんでした。この中古住宅を購入する時に気に入ったのは、それまでマンションに住んでた目から見るとかなり広く天井の高いリビングです。ちょっとしたイベント、夫も朗読劇くらいだったらできるかも?劇団の練習もできるかも?なんて言っていました。現実は両隣と接しているので生活音がまる聞こえ、騒音を立てるのは迷惑だし、道路も狭く、敷地ギリギリに家が建っているので駐輪スペースさえもなく人を呼びにくいことが分かってしまいましたが。

 

(これまでのリビング照明)

その天井が高く梁のある12畳以上あるリビングは元織屋さんだった名残。
前に住んでいた方が大きくリノベーションされてて、土間の工場だった場所を床暖房付きのフローリングに替え、ユニットバスとトイレ・洗面スペースをつくるために壁で区切って、屋根や天井も替え暮らしやすい部屋にして使われていました。木造の古い家なので隙間も多く2階やキッチンは断熱性も悪く、寒くて仕方ないのですが、リビングは暖房もよく効く断熱性のいい部屋です。ただ照明が蛍光灯で、実用的なんだけど明るすぎるので、おしゃれなペンダントにしたいなと思っていましたが、なかなかゆっくり考える機会もなく・・・・。フラットエージェンシーさんのカフェ、TAMARIBAに行って相談したところ、すぐに対応してもらえて、本日、なんとか出産前にやってもらうことができました。


この工事の日までは、陣痛来ないで〜と念じておりましたが無事にやってくることもなく、照明リフォーム完成☆


蛍光灯を外し、ダクトレールを取り付け、ペンダントタイプのLEDの照明を4つとスポット2つを取り付けてもらいました。

(ペンダント取り付け後)

ちょっと夏には暑苦しいかも知れないけど、暖かな空間になったかな?

ちょっとカフェっぽくない?本当は結構高価なアンティークな傘の照明とかがおしゃれかなとは思っていたのだけど

天井が高いし、明るい方がいいかなと思って、ホーローのペンダントにしました。

 

脱衣所の高いところにあるダウンライトや玄関の蛍光灯も切れっ放し、蛍光灯を変えてもつかないから電気の配線自体が切れてしまっているようだけど、ほったらかし状態だったのでそちらもまとめてやってもらうことにしました。

費用もかかるので徐々に、古い住宅だけどその良さを活かして、住みやすい空間にしていきたいなと思います。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

J-Net21で情報収集

村落開発普及員の次は・・・

寄稿記事など Fanya kazi pamoja 日本式を世界に発信 活動関連記事 BUY KENYA

ママ歴・・・

ちょっと小さ目だったけど今は・・・

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM