吉野巡り 2日目

  • 2012.10.28 Sunday
  • 23:34
今朝はまずは早朝の金峯山寺の勤行に朝6時半から参加しました。旅館組合とお寺が共同で行っているようで、宿泊客はお寺の朝のお勤めに参加することができます。太鼓やホラ貝を使った始まりで、迫力ありました。たくさんの地元の方もいて、今でも信仰されているお寺ということが分かります。なかなかすがすがしい気分です。
でも、夫はうとうと・・・・。多分足がしびれて仕方ないんだろうな・・・。

 朝ごはんを食べて、宿をチェックアウト、今日は奥千本を目指します。バスで奥千本口まで行って徒歩で下ってくることに。ただ朝から雨がしとしと。坂道多そうだし身重な体で大丈夫なのか少し心配。金峯神社→西行庵→吉野水分神社、そしてランチ、お茶などしつつショッピング、帰路へという予定。

バスを待つ間、寒いし、近くのお豆腐屋さんで売っていたあったかい豆乳でほっと一息。


西行庵への道がかなり急な階段でした。200メートルって書いてあったけど、ホント?って感じで。
緩やかな下り坂は楽々。休憩所、ベンチを見つけては休憩しつつ、ゆっくりゆっくりなペースで、体に負担がかからないように、荷物はすべて夫に持ってもらって。時折雨がひどくなりそうでしたが、降ったり、やんだりを繰り返し、きれいな緑と山々、雲海の風景を楽しむことができました。
何やら鳴いている夫。まともな写真いつも撮れません。

吉野水分(みまくり)神社。世界遺産です。檜皮葺の建物が素敵です。平安時代から子守の神様として信仰されているとか。
ちょっと早いけど、普段神社に行ってもお参りさえあまりしない夫が、子守のお守りを頂いてきました。
ひたすら下り道を歩いて、金峯山寺の近くまで戻り、山々の景色を眺めることができる食事処で柿の葉寿司とおうどんのランチを食べ、途中、焼き餅や草餅を食べ歩きつつ、景色を楽しみつつ吉野駅へ。帰りの電車では熟睡・・・やっぱり足が痛い。近場だったけど、なかなかゆっくりできて、楽しめてよかったです。桜や紅葉の季節はもっと人だらけなんだろうな。これだけ桜が有名なところだし、日帰りもできる距離だから、桜の季節にも、是非、旅してみたいです。

(おまけ)帰りのケーブルで外を眺める夫

吉野巡り 1日目

  • 2012.10.27 Saturday
  • 22:58

この週末は吉野へ。妊娠中期の安定期最後の遠出。といっても、先月の熊野はかなり遠かったけど吉野は京都から近鉄で特急を使わなくても約2時間半。紅葉シーズンの前なのでそれほど多い人出でもありません。
吉野駅から吉野山上駅はケーブルで約3分。

機械遺産になっている日本で一番古いというケーブルカー。昭和3年にできたらしい。年季が入っていてレトロすぎです。

ここも3つの世界遺産の神社仏閣があります。源義経の時代、後醍醐天皇の吉野朝時代に作られた古いお寺や神社で京都とはまた違った趣。

吉水神社 (世界遺産)
後醍醐天皇、源義経ゆかりの品などが惜しげもなく、展示されています。書院造のお座敷がすごいです。

金峯山寺仁王門(国宝)

金峯山寺蔵王堂(世界遺産)
建物自体も相当古いものです。中の柱も様々な木が使われています。
中の秘仏、写真には撮れませんでしたが、過去、現在、未来をお守りくださる権現様は今年から毎年一定期間公開とのこと〜圧倒されるすごさで素晴らしいものでした。

吉野と言えば、柿の葉寿司。そして葛。まだ山々は紅葉してませんが、なかなかいい眺め。
その山々を眺めることができるカフェやご飯やさんが参道沿いに並んでいます。 参道沿いを散策しつつ、お茶しつつ、山々の景色を楽しめました。



黒門は金峰山への入口である総門です。ここから門前町が始まる感じでひたすら登り坂。
妊婦写真撮影。今日で27週突入。

熊野古道2日目

  • 2012.09.23 Sunday
  • 23:37
 2日目はバスで新宮駅近くまで行き、熊野速玉大社、そして神倉神社へ
写真では分かりにくいかなあ・・熊野速玉大社の元宮である神倉神社は山の中腹にそそり立つ写真を見て是非行ってみたかった場所。でも雨が降っていたこともあり、急斜面の500段あるという石段もかなり危なそう。
夫一人で登ってもらい、大事をとって私は途中で登るのをあきらめました。地元のおじさんも言っていたけど、雨が降っているときはすべるからやめたほうがいいって。ホント急で怖かったし。夫が撮影してきた写真。

それから那智駅へ向かい、熊野那智大社へ。このころには天気も良くなり、青空も見え始めました。

大門坂はなかなか雰囲気のある古道です。
樹齢何百年という大きな大木がたくさんあり、原生林っぽさが残る雰囲気のある石畳。でもずっと上り坂なので結構しんどい。
神社に近づいても、ひたすら階段。
絵のよう風景。那智の滝が見えます。
飛龍神社のご神体はこの滝なのです。
しっかり安産祈願もしてきました。それにしてもホントよく歩いた歩いた。かなり足がパンパン。
那智勝浦駅にある足湯でリラックス。


最後はマグロでしめ!!マグロカツとマグロ丼。マグロのボリュームたっぷりでおいしかったです。

熊野古道1日目

  • 2012.09.22 Saturday
  • 23:11
 4月に帰国してから初めての夫婦旅じゃない?お互いの実家に帰省っていうのはあったけど、相変わらず、なかなか予定の合わない2人なので・・・熊野古道を歩きたいということで、今回の旅の内容は夫が全部決めました。ただ私がそんなに歩ける状況じゃないから、割と平たんなコース。一日目は7キロくらいのコースで熊野本宮を目指します。


ちょっとこわい、等身大の人形が・・・道標??
のどかな山里を通り、しばらく行くと杉林。シダが生い茂って雰囲気ある〜

そして今日のゴールは湯の峰温泉。

こじんまりとした雰囲気のある温泉街です。足がちょっとだるい・・・

久留米の魅力再発見!!大善寺玉垂宮

  • 2012.08.12 Sunday
  • 23:58
 実家に3日間だけ帰省中です。父がここ3年ほど、地元のお宮の宮総代とやら役員をやっているので、お宮の行事で忙しくしているようです。
 そのお宮、小学校の頃からよく通り抜けしていた通学路の途中にありますが、神苑とよばれる運動場やそこにある遊具で遊んだ記憶ぐらいで、まったく歴史や建物のことは知りませんでした。ここのお宮で行われる1月の火祭りは鞍馬の火祭と並ぶ日本3大火祭りの一つですが、何度かしか観に行ったことがありません。
 父も宮総代をやるようになってから、いろいろとこのお宮の歴史や行事の由来について資料を集めたようで・・・日本書紀にも記述があるらしいとか。
この本社以外にもいくつか神様がおられるのですが、こんな神様も・・・全然知らなかった。

このお社の中には木で作られた男性のシンボル型の絵馬のようなものに願い事が書かれて収められています。大変珍しいようです。子宝から商売繁盛、精力絶倫そしてギャンブルまで・・・あまりに広い解釈で都合がいいような気がするんだけど。


最近は久留米の観光目玉の一つとしてここで行われるお祭り「鬼夜」がずいぶんPRされているようです。近所なのに全然知らなかったなあ・・・

女子の旅 鎌倉

  • 2012.05.03 Thursday
  • 23:28

GW期間中、横浜・鎌倉の旅に行った。友人が横浜に住んでいることもあり、京都とは違うなんだかおしゃれなイメージがある鎌倉に行って、江ノ電に乗ってみたかったから。
まず旅の情報収集と思い、書店に行ったら、最近のガイドブックのかわいさに驚く。

「女子」を意識したかわいいカバー、持ちやすい大きさ、イラストもかわいらしいし、スウィーツやカフェ情報、一日のモデルプラン、お花情報などなど。
最初は立ち読みの予定で、あとはネットからいろいろ情報をプリントアウトして持っていこうって思っていたんだけど、このかわいさに惹かれて衝動買い。
一番かわいい!と思ったものを購入。シールのデザインがかわいい!本当に使うのかは別としてやっぱりオンナ心をくすぐります。大仏パターンがかわいらしい。そして表紙を裏返したら別の柄。アジサイ模様だったりする。女の子をつかむ仕掛けがたくさん☆

ことりっぷ、タビハナ、ミルタビ・・・いろいろ週末の女性の旅を意識したガイドブックこんなにあるのね・・・っていうかここ2,3年で増えた?多分私が知らなかっただけだろうけど。
おかげさまで、ハナにも出会えたし、女子の旅を楽しめました。

なによりお付き合いしてくれたMちゃんありがとう。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

J-Net21で情報収集

村落開発普及員の次は・・・

寄稿記事など Fanya kazi pamoja 日本式を世界に発信 活動関連記事 BUY KENYA

ママ歴・・・

ちょっと小さ目だったけど今は・・・

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM